英語が堪能になる。英会話レベルアップを図る為に

子どもも多い

英語を話す子供の増加

現在英会話スクールがたくさんある。私も英会話スクールに通った1人であり小学1年から中学3年までの9年間通っていた。そのうちの2年間は外国人教師とほぼマンツーマンでの英会話をしていた。当時は英会話を習っているというこどもは少なく、大学生の今でも習っているというと驚かれた。だが、現在は違う。英会話スクールに通っていた当時の先生に話を聞くと、3歳や2歳からでも英会話を習う子が増えてきているのだそう。授業では子供が飽きないようにと動物のカードが使ったり、音楽を聴いたりしているのだという。今の小学校教育でも、英会話が取り入れられたりするなどがある。昔のような中学校で英語と初めましてな状態では無いことが現状である。

英会話を使う機会とは

ここまで英会話が日本に浸透している中、果たしていつ使用するのか。実際に私が英会話を使用したのは、学校にいる外国人教師と話すときがほとんどである。それも頻繁ではないので、習っていた頃より確実に英語を話していない。そして、英語は話さないとどんどん忘れていき、うまく話せなくなってしまうこともある。なので頻繁に英語をはなせる環境にいることが大切である。子供のうちは親が英語を使う環境をあたえてくれるが、次第に自分で話す環境を作り出さないといけないと考える。たとえば、学生だと英語教師や外国人教師、社会人では英会話スクールなどを利用してどんどん英語を使用していくことが大切である。いつかくるであろう英語社会に向け、一人ひとりが英語力を高めていくことが大切である。